コーチングスクールを運営する「Yutsuku」が国内最大級のコミュニティコイン発行プラットフォーム「fever」と連携し、”コーチング業界初”となるトークンエコノミーを形成します。

logo 

 

コーチングスキルの共有や、相互コーチングなどで技術を磨くコミュニティー「Ytsukuコーチングスクール」(https://yutsuku.herokuapp.com/)は、コーチングコミュニティとして、従来のスクールの概念におさまらないコミュニティ活動を通した学習を推進してきました。

これまで、スキルを誰かに教えたりすることは善意の活動として行っており、対価を付与できていませんでした。
そこでこの度、国内最大級のコミュニティコイン発行プラットフォーム「fever」を提供する株式会社Asobica(本社:東京都品川区、代表取締役:今田孝哉)と連携してコインを発行し、コミュニティのさらなる活性化を図っていきます。

■ コインの発行によりできること

・コイン配布による「貢献度」の価値化
「fever」のプラットホーム上で提供されている、貢献度に応じたコインの配布機能を活用し、メンターや受講生へのインセンティブを付与していきます。これにより、これまで価値化できていなかったメンターや受講生の貢献を価値化し、コミュニティ内の活性化を促進していきます。

 ・ コインの送り合いを活かした相互コーチング
メンバー間でのコインの送り合い機能を用いることで、従来の一方的になりがちなスクールという学習形態ではなく、双方向のコミュニケーションによるコーチング学習を可能にしていきます。

 

■ feverについて
feverとは、コミュニティが独自のコインを発行し、経済圏を作っていけるサービスです。コインは、メンバー間での送り合いや、コミュニティ内で提供されるサービスへの決済に活用することができます。それにより、今まで見えなかった感謝、貢献度を可視化していけることが特徴です。(URL:https://fe-ver.jp/entry

カテゴリー: お知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です