褒めてはいけない

承認欲求を満たせと言われてどんなことを思い浮かべますか?

すごい!
えらい!
優秀だね!

こんな感じで褒めれば良いと思ってませんか?

それ、大間違いです!!

相手の承認欲求を満たすのに、褒める行為は危険です!

これを続けていると、褒めなければ何もしない人間を作ってしまいますよ。

そもそも、褒めると言う行為は上の者が下の者に行う行為。

コーチングにおいて上下の関係で接するのは厳禁です。

軍隊みたいに規律を重んじるならコーチングなんて使わずに命令すれば良い。言うこと聞かなければ、左遷するか怒鳴りつければ良い。

実際、軍隊はそうやって教育してますよね?

しかし、コーチングで相手の成長をうながそうと思ったら、横の関係を築かなければなりません。

お礼を言え

褒めずに承認欲求を満たすには、ただお礼を言えば良いんです。

最近、部下にありがとうと言ったのはいつですか?

もし対等な関係を意識しているなら、仕事を依頼するときにありがとうって言葉が出るはずです。

仕事が完了して報告にきたら、ありがとうって言うはずです。

友達に何かしてもらったら普通にありがとうって言うのではないですか?

にも関わらず!

部下が仕事の報告をしたら、あれがダメだ、これがダメだ、もっと頑張れ、などなどダメだしばかりしてないですか?

まずは、「ありがとう!」でしょう。

普通の上司と部下の関係なら、1日に一回以上は仕事の報告を受けるはず。

なら、最低でも毎日ありがとうと言っていないとおかしいんです。

もし、毎日言えていないなら改善してください。

それが嫌なら、コーチング型マネジメントを諦めてください。

カテゴリー: ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です